08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
それでもどうにかして 進もうとしているのですか?
ちょっとここ数日思ってたことがありまして。
「仕事辞めたいなあ」って。

4月に滑り込みセーフで無事就職できた身としてはいかがなものかとは思ったけど。
早すぎだとは思うけど。

親にそうやって軽く相談してみた。
そしたらやんわり怒られた。
びっくりしました。

ああ親にも見捨てたれたんだな〜って泣きそうになった。
娘のこと可愛がってくれんのかと。

でも一方で思ったこともあって。

アタシちっちぇえなと。

結局、親にこんな話をしたのだって、別にアドバイスがほしかったわけではなくて。
「辞めたい」って言ったことを、ただ「肯定して欲しかった」だけなんよね。

それに、よくよく考えたら、転職経験者だからって相談してみたけど、ウチの親、変人だし。
よー社会に適応できてるなって思うもん。

嘘、正直出来てへん。

変人の親からはこんな変人の娘しか生まれんし。
そんなんアタシに限らず妹も弟もそうじゃし。
そりゃ社会に適合なんて簡単なことじゃないわ。

うん、相談に乗ってもらうだけ無駄なんだなって思った。
それに「転職」なんて思ってる暇あるなら、もうちょっとだけ事務スキルあげてからにした方が楽だと思った。

そんな理由でしばらくは仕事辞めようって思うのを辞めようって思った。


だって、ちょっと覚えた仕事を思い返したりするのって、実はちょっと楽しいんだもん。うふ。

今日のタイトルは愛して止まないバンドのひとつ、ランクヘッドの「三月」からの一節。
今の心境にあってると思った。
どうにかしてすすもうと思ってないと、やってらんないことは沢山あるから。
ryoh | おしごとごと | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1PAGES | |